葉酸サプリ 口コミ

葉酸サプリの間違った選び方!こんな選び方をしたら赤ちゃんがかわいそうです。

妊娠中に葉酸サプリが大切なのは皆さんもご存じだと思いますが、病院で進められたものや、ベビー用品店で売られていたり、雑誌で見たりして、なんとなく葉酸サプリを購入していませんか?

 

その選び方ちょっとまずいかもしれません。知らず知らずのうちに赤ちゃんにリスクを与えているかも・・・。

 

なぜ不味いかちょっとテストをしてみますね。
ここから先全部読むのは大変だと思いますので、次の質問に答えられるかチェックだけでもしてみてください。

 

妊娠中の体にはとってもとっても大切なことなので、もし知らなくてもここで知ることができれば、赤ちゃんへのリスクを減らすことができるので是非試してみてください。

 

  1. 葉酸サプリはなぜ飲むのか知っていますか?
  2. 葉酸サプリは天然の方が良い?合成の方が良い?
  3. 妊娠中に必要な葉酸の量は?妊娠初期と妊娠中期以降での推奨量を知っていますか?>
  4. 今飲んでいるサプリメントで使われている添加物は赤ちゃんに影響はありませんか?

 

これらの質問にスラスラ答えられる人はここから先を読まなくても大丈夫です。

 

 

なぜならこの質問に答えられる人は間違いない葉酸サプリを選べるからです。

 

この質問には葉酸サプリを選ぶうえでとっても大切なことがぎゅっと凝縮しています。

 

これらのことを知らないと、神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができなかったり、不必要に小児喘息の可能性におびえてしまって間違ったサプリ選びをしたり、

 

そもそも小児喘息のリスクを知らずに赤ちゃんに悪い影響を与えてしまったりするかもしれません。

 

何も私は、あなたを不安にさせたいわけでも、特定のサプリメントを販売している業者でもありません。

 

ただの一人の障碍者の子供を持つ母親です。

 

 

そうです。私自身がさっきの質問に答えられなかった妊婦でした。何も知らずに単純に勧められたものを購入してなんとなく葉酸サプリを飲んで過ごしていました。

 

きちんとした知識をつけて、しっかりと葉酸サプリを選べば良かったと思ったのは、出産した後になってからでした。

 

周りからは葉酸だけが理由ではないといわれますが、当事者になるとやっぱり自分を責めてしまいます。

 

厚生労働省からも葉酸を適切に摂取していれば、リスクを下げられると発表されているのですが、
私の子供は二分脊椎症と言われる、脊椎がきちんと形成されないまま生まれてしまう先天的な障害があります。

 

 

まだ小さいのですが、何度も痛そうな手術を受けていますし、手術が成功したとしても日常生活には支障が出てしまうので、今後も様々な障害と一緒に人生を過ごしていくことになります。

 

きちんと知っていれば、もしかしたらリスクが減らせたかもしれないという自責の思いと戦う毎日です。

 

きちんと知るということですが、書籍を読んだりきちんと勉強していれば10分程度で得られる知識です。

 

でもなぜ今この記事を書いているかというとインターネット上には多くの間違った葉酸サプリの知識が大量にあふれているからです。

 

せっかくきちんと知ってリスクをケアしようというお母さん方の邪魔をしてしまう可能性のある知識が本当に多くあります。

 

「合成は石油から作られているから天然成分の葉酸を!合成は喘息のリスクがありますよ!」

 

というようなものが間違った知識の代表格です。

 

私は、きちんと調べてわかった障害のリスクを減らす方法を少しでも多くの妊婦さんに知っていただいて、同じ思いをしてほしくないので葉酸サプリの正しい選び方について記事を起こすことを決意しました。

 

葉酸サプリを選ぶ上で大切な知識

では、先ほどの答え合わせをしながら、葉酸サプリを選ぶ時に大切な「葉酸サプリを飲む目的」、「天然成分が本当に良いのか?」、「どれぐらい葉酸を飲めばいいのか?

 

という基本的なことを知っていただきたいと思います。

 

ここから先を読んでいただければ、葉酸サプリを選ぶ目線が身につきます。

 

葉酸サプリを飲む目的について

まず第一問の葉酸サプリを飲む目的についてですが、あなたの答えはどうだったでしょうか??

 

「神経管閉鎖障害のリスクを減らすために飲む」と答えられましたか?

 

確かに他にも貧血を防いだり、妊娠率をアップさせる目的で葉酸サプリを飲まれる方も多くいらっしゃると思いますが、一番大きなのって赤ちゃんの健康ではないでしょうか?

 

赤ちゃんは妊娠初期にこのように成長します

 

お腹の中で赤ちゃんが成長するときにはまず脊髄が作られて中枢神経系が作られます。

 

このときにうまく脊椎が作られなかったり脳が作られなかったりする障害の総称を神経管閉鎖障害といいます。
(二分脊椎症や無脳症と言われます)

 

厚生労働省では葉酸サプリを摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができるので葉酸を摂取することを推奨しています。

 

正しくは「食事からの葉酸摂取に加えて、400μg(マイクログラム)の合成葉酸を栄養補助食品(サプリ)から摂取する」ことで「神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができる」ということです。

 

葉酸は天然成分ではなく、合成成分を選んでください

 

天然成分を選びましょうという風に間違った知識を並べているサイトが多くあります。

 

あくまでも厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸なので、天然葉酸ではありません。

 

というのも、神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができる研究結果は合成葉酸を飲んだ方の結果がもとになっているので、
実際のところ天然成分の葉酸をどれぐらい飲めばリスクを減らすことができるのか?

 

についてはわかっていないんです。

 

というのも、天然葉酸と合成葉酸では体への吸収率が全く違うんです。

 

天然葉酸は別の呼び方でポリグルタミン酸型葉酸と言われていますが、吸収率は50%程度と言われています。

 

逆に合成成分の葉酸、モノグルタミン酸型葉酸吸収率は70~85%と言われています。

 

なので、同じ量の葉酸サプリを飲んでも、吸収率が全く異なるので、天然葉酸を飲んでいる人は、
厚生労働省がお墨付きを出した神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができるだけの葉酸を摂取できているかわからないんです。

 

さらに厚生労働省は天然成分を謳うサプリメントへの注意を促しています。

 

原材料の中に天然に微量に含まれる毒性物質も濃縮されているおそれがあり、過剰摂取等による健康被害の発生を防止する観点から、その安全性確保についてはより一層の注意が必要である。

 

としています。天然だから安心安全というのは一概には言えないということです。

 

せっかく葉酸を飲んでいても、間違った情報だったらリスクを減らせていないかもしれないんです。

 

妊活~妊娠初期は400μg、妊娠中期以降は240μgが葉酸摂取推奨量です

次に大切なのが、どれぐらい葉酸を飲めばいいの?ということです。

 

妊娠初期までは厚生労働省も推奨していましたが400μgをサプリメントから摂取することが大切です。

 

「いつまで葉酸を飲めばいいの?」という疑問があるかもしれませんが、妊娠中期以降の葉酸はサプリメントで240μgを飲みましょう。

 

というのも、神経管を作るときに葉酸が大切と言いましたが、妊娠中期以降はすでに作られた後なのですが、葉酸は別名造血ビタミンと呼ばれることもある血液を作るためにかなり重要な栄養素なんです。

 

妊娠中期以降は血液を作る時に必要で貧血も起こしやすくなりますので引き続き葉酸を飲むことが大切です。

 

ところで、葉酸の過剰摂取のリスクについて正しく理解していますか??

 

葉酸の過剰摂取のラインは一日に1000μgです。これは意識的に葉酸サプリを倍ほど飲まないと超えない値ですが、厚生労働省ではこのラインを超えるべきではないとアナウンスしています。

 

また、妊娠中期以降も1000μgを超える葉酸を摂取し続けた場合、将来子どもに小児喘息が発症するリスクが上がるという研究結果が出ています。

 

葉酸と喘息の関係性はよく不安に思われる方もいると思いますが、正しくは「妊娠中期以降に葉酸サプリを過剰摂取している場合」小児喘息のリスクが上がるということです。

 

「合成葉酸は石油からできているから喘息の原因になる」というのは真っ赤な嘘です。

 

葉酸サプリメントは添加物の少ないものを選びましょう

サプリメントは添加物が多く含まれているものがあります。

 

一般的には安いものほど添加物が多く含まれています。

 

添加物を多く使用することで、作る時のコストを下げることができたり、長期保存ができるようになるので、作りすぎても売れるまで時間をかけることができるのでコストも低くできます。

 

香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤のような食品添加物はものによっては赤ちゃんに影響が出る可能性のあるものもあります。

 

影響というのは例えば、奇形・催奇性だったり、染色体異常によるダウン症などのリスクがあります。

 

なので、できるだけ食品添加物が含まれていないサプリメントを選ぶことが大切です。

 

葉酸サプリの正しい選び方

 

葉酸サプリの選び方としてまず一番大切なのが、厚生労働省が推奨する葉酸の栄養素を摂れるサプリを選ぶことです。

 

それが最低限の条件で、更に妊婦さんの体や胎児への影響を考えると「食品添加物がなるべく使われていないこと」「放射線チェックしている」といった安全性を考えたほうが良いです。

 

安心安全を追求することも大切ですが、お金の問題もあります。
いくら良いサプリがあったとしても、高額なものになるとなかなか手が出にくいですよね。

 

なので、価格もとても大切な比較の要因です!

 

と、いうことで!これらの要素を基準に比較をしてみました。

 

ネットで購入することができて比較的評判が良かったり、話題の商品を比較してみました。

 

「美的ヌーボプレミアム」「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」「ベルタ葉酸サプリ」「オーガニックレーベルの葉酸」「ポレポレ葉酸マルチサプリ」「パティ葉酸サプリ」「美人通販の葉酸」を比較してみます。

 

 

商品 美的ヌーボ AFC葉酸 ベルタ葉酸

オーガニックレーベル
葉酸

ポレポレ葉酸 パティ葉酸 美人通販
美的ヌーボ AFC葉酸 ベルタ葉酸 オーガニックレーベル葉酸 ポレポレ葉酸 パティ葉酸 美人通販葉酸
成分
価格(4000円以下) ×
着色・保存・香料
放射能チェック

 

「ベルタ葉酸サプリ」「オーガニックレーベルの葉酸」「ポレポレ葉酸マルチサプリ」「パティ葉酸サプリ」「美人通販の葉酸」がこの基準では優秀ですよね。

 

これらの商品をどれを選んでも満足していただけると思いますが、葉酸サプリには妊婦向けに必要な栄養素が含まれているものがあります。

 

他のサプリを飲んだり、選んだりするのが厳しい場合は鉄分やカルシウムなど嬉しい栄養素が含まれているサプリメントを選ぶとよりベターだと思います。

 

妊婦目線でさらに良い葉酸を選びたい方へ

 

基本的にはさっき上げた「ベルタ葉酸サプリ」「オーガニックレーベルの葉酸」「ポレポレ葉酸マルチサプリ」「パティ葉酸サプリ」「美人通販の葉酸」を選べば、どれも満足できると思います。

 

でも、このサプリメントって実は葉酸以外にも色々な栄養素が含まれているんです。

 

なので、どうせ買うのであれば妊婦生活に最大限役に立つサプリメントを選びたいですよね。

 

葉酸サプリって安全で高品質なものを買おうとするとどうしても、薬局で売っているようなサプリメントと比べてしまうと高いので、きちんとコストパフォーマンスに優れたサプリメントを選びましょう!

 

ビタミンB12をしっかりとれるサプリメントを選ぶべき!

 

妊娠中はビタミンB12をしっかりとる必要があります。

 

ビタミンB12は葉酸と合わせて造血ビタミンと呼ばれることもあります。
血液を作る時に必要不可欠なんですね。

 

通常の推奨量は2.4μgですが、妊娠中は+0.4μg摂ることを推奨されています。

 

合わせて2.8μgですね!!

 

サプリメントで全て補わなくても、普段の食事からある程度摂取できていますので、葉酸よりも摂取量についてはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

ちなみに、平成25年のの国民健康・栄養調査での結果は平均で5.5μgの量を女性が摂っていることが分かっています。

 

だから平均的な女性はわざわざサプリメントで摂るまでもないのですが、ビタミンBは水溶性ビタミンです。
体に蓄積しないタイプのビタミンなので、ある程度多めに摂取しても大丈夫です。

 

あくまでも平均なので、サプリメントから摂取することで、推奨量を下回らないようにしましょう。

 

嬉しいことにさっきの5種類のサプリメントは全てビタミンB12を含んでいます。

 

・ビタミンB12含有一覧表

ベルタ葉酸 2.0μg
オーガニックレーベル葉酸 含有有り
ポレポレ葉酸 1.6μg
パティ葉酸 含有あり
美人通販の葉酸 ?不明?

 

 

ビタミンB6もかなり大切。

ビタミンB6が不足してしまうと、妊娠中のつわりが酷くなってしまう恐れがあります。

 

ただでさえ大変なつわりが、更に悪化してしまうなんて感が宅内ですよね・・。

 

ちなみに、葉酸が不足すると妊娠中毒症にかかる可能性も上がってしまいます。

 

妊娠中毒症は、高血圧になったり、むくみが酷くなったり、尿タンパクの症状が現れてしまいます。

 

また葉酸はビタミンB群の仲間なので、一緒に摂ることで効率的に摂取することができます。

 

推奨摂取量は1.1mgで妊娠中の方はプラス0.8mgなので、妊娠中の方は一日に1.9mgのビタミンB6を摂取することをお勧めします。

 

こちらも例に漏れず水溶性ビタミンなので過剰摂取にはそこまで意識しなくても大丈夫なのですが、日本人の耐容上限量45mgとなっていますので過剰摂取には注意しましょう。

 

・ビタミンB6含有一覧表

ベルタ葉酸 4.0mg
オーガニックレーベル葉酸 含有有り
ポレポレ葉酸 1.0mg
パティ葉酸 含有あり
美人通販の葉酸 不明

 

ちなみにここでは比較していないのですが美的ヌーボはビタミンB6が100mgとなっています。

 

これはアメリカ基準の容量となっているので日本人の耐用上限45mgは大きく超えてしまっています。
過剰摂取をすると、男性の精子が減少したり感覚神経障害が出たりと少し怖いですね。

 

鉄分カルシウムは必須です

 

女性の高齢者で骨粗しょう症の発症率が高いのは、出産によってカルシウムが失われることが原因といわれています。

 

推奨量は妊娠中もかわらず650mgなのですが、日本人はカルシウムが不足しやすい食生活を送っている人が多いようです。

 

一般的な女性のカルシウム摂取量は368~407mg程度のため250mgほど不足してしまっています。

 

 

鉄分も赤ちゃんの血液を作るときに使われてしまいますので、貧血の原因となってしまいます。

 

およそ妊婦さんの3~4割は貧血に悩むといわれておりますので、鉄分をしっかり補給することが大切です。

 

推奨量は6.0~6.5mgですが、妊娠中はさらに摂取することをおすすめされています。
妊娠初期は+2.5mgで妊娠中期~後期にかけてはさらに多くの鉄分が必要で、+15.0mgを推奨されています。

 

  鉄分 カルシウム
ベルタ葉酸 16mg 232mg
オーガニックレーベル葉酸 含有有 含有有
ポレポレ葉酸 10mg 250.5mg
パティ葉酸 15mg 210mg
美人通販の葉酸 3mg なし

 

おすすめの葉酸サプリまとめ

 

以上4種類の葉酸以外の栄養素の含有量調査でした。

 

まとめとして表にしておきますね。

 

  ビタミンB12 ビタミンB6 鉄分 カルシウム
ベルタ葉酸 2.0μg 4mg 16mg 232mg
オーガニックレーベル葉酸 含有有 含有有 含有有 含有有
ポレポレ葉酸 1.6μg 1.0mg; 10mg 250.5mg
パティ葉酸 含有有 含有有 15mg 250mg
美人通販の葉酸 不明 不明 3mg なし

 

ベルタ葉酸がバランスよく成分が配合されているのでおすすめです。
他のサプリでは詳細の記載が無かったりするのですが、ベルタ葉酸はしっかり容量も記載しています。

 

また天然成分もしっかりと配合されている上に、ビタミンAなどの過剰摂取を注意しなければならない栄養についてきっちりケアできているという点もおすすめするポイントです。

 

赤ちゃんのためにも、安全で高品質なサプリメントを選んであげてくださいね!